マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

アイドルポイント最新事情

アイドル・有名人・芸能を通して現代を読み解くブログです。

こち亀の豪華なゲスト

【こち亀】といえば、誰でもご存じの「超」長寿漫画である。
連載30周年を超え、連載通算1500回を突破した【こち亀】は、もはや国民的漫画で、誰もがその存在を知っているし、ファンも多い。
今回、そんな【こち亀】が、連続ドラマでテレビに帰ってくるそうで、共演者とゲストが豪華な顔ぶれで、話題になっているようだ。
先ず、【こち亀】の顔である、主役の両津勘吉にはSMAPの香取慎吾、両さんの上司の大原部長に伊武雅刀、中川圭一 に 速水もこみち、秋本カトリーヌ麗子 に 香里奈 という顔ぶれ。
両さんの父親の「両津銀次役」にラサール石井、母親の「よね役」に柴田理恵と、【こち亀】でお馴染みの両さんファミリーに抜かりはない。

【こち亀】の魅力に一つに、多彩なゲストがあるが、今回の実写ドラマでも、「ビッグ」なゲストが登場するとあって、楽しみは尽きない。
何と、記念すべき第一回目のゲストは、「ビートたけし」というから驚くが、【こち亀】にかけるTBSの思いが伝わってくる。
二回目以降も、【こち亀】連続ドラマのゲストは、ビッグネームが挙がっているが、ギャラは大丈夫なのかと、こっちが心配してしまうほど超メジャーな面々だ。
原作の【こち亀】の中も、強烈なキャラクター揃いなので、実写でも漫画やアニメに負けないぐらいの俳優でなければならないだろう。
他にも、【こち亀】のドラマでは、「劇団ひとり」、 「ベッキー」などもゲストとして花を添えている。
【こち亀】人気の一端を、垣間見た気がするが、老若男女に満遍なく人気があることも、【こち亀】の特徴と言えるだろう。
フレッシュな俳優、女優と重鎮を絶妙に配して、【こち亀】の実写ドラマは撮影快調のようだ。

【こち亀】といえば両さんだが、今回の実写ドラマでは、「香取慎吾」が挑戦する事は先に述べたが、
一抹の不安が無いわけではない。
「香取慎吾」は、【こち亀】の両さんにしては、カッコ良すぎるのである。
どうしても原作の漫画で、「がに股で短躯の【こち亀】両さん」、というイメージが定着しているせいか、足の長い香取慎吾が、はたして適任かという問題があるのだ。
ならば、【こち亀】実写ドラマのスタッフの挑戦に、エールを送りたい。
【こち亀】の連続ドラマは、いよいよスタートするが、詳しい情報を得たければ、専用ホームページをチェックして頂きたい。

こち亀のチームワーク

【こち亀】と聞いて、皆さんは何をイメージするだろうか。
誰もがその存在を認知していて、ファンも多く、連載30周年を超え、連載通算1500回を突破した【こち亀】は、もはや国民的漫画といって良いだろう。
そんな【こち亀】だが、今回、連続ドラマでお茶の間に帰ってくるそうで、共演者とスタッフの顔ぶれが発表になったようだ。
主役の両津勘吉は、SMAPの香取慎吾、中川圭一 に 「速水もこみち」、秋本カトリーヌ麗子 に 「香里奈」、上司の大原部長に「伊武雅刀」という適材適所の布陣。
【こち亀】では、お馴染みの両さんファミリーも抜かりはなく、両さんの父親の両津銀次に「ラサール石井」、母親のよね役に「柴田理恵」と、スタッフの苦心がうかがえる。

【こち亀】の実写ドラマに限らず、番組の成否は、出演者と スタッフのチームワーク如何(いかん)にかかっている。
有名な出演者が出て、優れたスタッフが作れば、必ず視聴率が取れる番組が作れるかと言えば、そうとも言えない。
要するに、出演者やスタッフを生かすも殺すも、チームワークの善し悪しで、【こち亀】連続ドラマの場合でも、当てはまると言い切れる。
只でさえ、【こち亀】の各キャラクターは、強烈な個性の持ち主で、一筋縄ではない。
【こち亀】のドラマでは、なおさら、出演者と スタッフのチームワークが大切になってくることは自明の理だ。
老若男女に満遍なく人気がある【こち亀】であるから、チームワークに気を遣っていることだろう。
【こち亀】の実写ドラマは、撮影快調のようで、期待して良さそうだ。

【こち亀】の、今回の実写ドラマでは、出演者と スタッフのチームワークは絶妙のようで、香取慎吾もノリにノっているそうだ 。
TBSでは、ホームページの中に、【こち亀】ドラマの専用サイトを作っているので、詳しい情報はそこでゲット出来ると思う。
テレビで、もうすぐ新しい【こち亀】の両さんに会えるので、是非ご覧いただきたいし、個人的にも楽しみである。
暑い中、過酷な撮影になると思うが、【こち亀】実写ドラマのスタッフにも頑張って頂きたい。
いよいよスタートする【こち亀】の連続ドラマは、大注目だ。

こち亀の両津勘吉の正体

【こち亀】の「両津勘吉」が、実写ドラマでお茶の間に帰ってくるそうだ。
今回の実写ドラマの【こち亀】では、SMAPの香取慎吾が「両津勘吉」を演じるのだが、 両津勘吉という人物像に、香取慎吾が如何に迫れるかが焦点となろう。
【こち亀】の主人公である「両津勘吉」にしては、若くて足の長い所が気になるのだが、思い切りやっていただきたい。
SMAPの香取慎吾といえば、過去に西遊記の「孫悟空」を演じているが、【こち亀】の「両津勘吉」と、西遊記の「孫悟空」には共通点があるので、参考になるだろう。
【こち亀】の「両津勘吉」と、西遊記の「孫悟空」の共通点は、どちらも自由気ままでガキ大将なのだが、頭が上がらない人がいることだ。
両さんには大原部長、孫悟空には三蔵法師がその人で、【こち亀】でも西遊記でも、大原部長と三蔵法師が、両さんと孫悟空の言わば、「お目付役」なのである。
【こち亀】の両さんは、何か企んでも、最後は大原部長に大目玉を食らうし、孫悟空は悪さをすれば、三蔵法師の念力で頭の輪を締め上げられる。

西遊記の孫悟空も、【こち亀】の両津勘吉も、どうしても敵わない上司がいるのは微笑ましい。
【こち亀】の連続ドラマの詳細は、TBSのホームページをチェックしていただきたい。
両津勘吉を中心に、【こち亀】ファミリーの、大原部長と同僚の中川圭一、秋本カトリーヌ麗子が活躍する。
【こち亀】の愛称は誰言うともなく、ファンの間で浸透していったようで、自然に広まっていった。
ある時点で、原作者の秋本治も、【こち亀】という呼称を、公認するという形になったようだ。
両津勘吉の正体とは、【こち亀】ファンの心の中にある「願望」なのであろう。
ファンにとっては、【こち亀】の両津勘吉がハチャメチャやってくれることで、カタルシスを得られるのである。
【こち亀】の両津勘吉は、決して正義漢ではないが、既成概念を突破してくれる存在であり、それ故に人気者であり続けるのだ。

こち亀の永遠の自由人

【こち亀】の 両さんは、永遠の自由人である。
警察官でありながら、自由人でありガキ大将の両さんの存在が、【こち亀】の人気の根源であろう。
【こち亀】が、実写ドラマでオンエアーが決まり、撮影快調だそうだが、両さんの自由人ぶりは健在であって欲しいと思うのは、私だけではあるまい。
主人公の両さんには、SMAPの「香取慎吾」が、大原部長には「伊武雅刀」、両津銀次に 「ラサール石井 」、麗子に「香里奈 」、中川圭一 に「速水もこみち 」と豪華な【こち亀】だ。
これまでに、何回か単発ドラマ化やアニメ化されている【こち亀】だが、連続ドラマ化はこれが初めてらしいので、ファンにとっては期待が高まるだろう。
【こち亀】の両さんは、公務員なのに色々なビジネスを始めてしまう。
また、警察官なのに下駄履きで、無精ヒゲを生やしているが、実写ドラマ化する【こち亀】は、あのハチャメチャ感を出せるだろうか。
「慎吾両さん」には、バイタリティに溢れ、ガキ大将の【こち亀】の両さんを、思い切り演じて欲しい。
今回の【こち亀】ドラマの、共演者陣にも同じ事が言えるが、原作が劇画だけに、どれだけあの世界観が出せるかが問題だろう。
ドラマの【こち亀】では、他に、なぎら健壱、つまみ枝豆、柴田理恵、ゲストで劇団ひとり、ベッキーなどが出演する予定だ。
その他にも、ビッグなゲストが目白押しと言うから、気合いが入っているではないか。
現在、公表されているだけでも、「ビートたけし」、「加山雄三」、「西田敏行」がスペシャルゲストとして、名前が挙がっている。
話題満載の【こち亀】のドラマであるが、お笑い系ではね今をときめく「オードリー」も登場するそうだから、ファンの方は要チェックだ。

【こち亀】のドラマの詳しい情報は、ドラマ公式サイトに載っていて、出演者や内容が一目瞭然なので、閲覧していただきたい。
漫画なので、【こち亀】の両さんは年を取らないので、羨ましい限りである。

こち亀の出演者とスタッフ

【こち亀】と聞いて、皆さんは何をイメージするだろうか。
誰もがその存在を認知していて、ファンも多く、連載30周年を超え、連載通算1500回を突破した【こち亀】は、もはや国民的漫画といって良いだろう。
そんな【こち亀】だが、今回、連続ドラマでお茶の間に帰ってくるそうで、共演者とスタッフの顔ぶれが発表になったようだ。
主役の両津勘吉は、SMAPの香取慎吾、中川圭一 に 「速水もこみち」、秋本カトリーヌ麗子 に 「香里奈」、上司の大原部長に「伊武雅刀」という適材適所の布陣。
【こち亀】では、お馴染みの両さんファミリーも抜かりはなく、両さんの父親の両津銀次に「ラサール石井」、母親のよね役に「柴田理恵」と、スタッフの苦心がうかがえる。

【こち亀】の実写ドラマに限らず、番組の成否は、出演者と スタッフのチームワーク如何(いかん)にかかっている。
有名な出演者が出て、優れたスタッフが作れば、必ず視聴率が取れる番組が作れるかと言えば、そうとも言えない。
要するに、出演者やスタッフを生かすも殺すも、チームワークの善し悪しで、【こち亀】連続ドラマの場合でも、当てはまると言い切れる。
只でさえ、【こち亀】の各キャラクターは、強烈な個性の持ち主で、一筋縄ではない。
【こち亀】のドラマでは、なおさら、出演者と スタッフのチームワークが大切になってくることは自明の理だ。
老若男女に満遍なく人気がある【こち亀】であるから、チームワークに気を遣っていることだろう。
【こち亀】の実写ドラマは、撮影快調のようで、期待して良さそうだ。

【こち亀】の、今回の実写ドラマでは、出演者と スタッフのチームワークは絶妙のようで、香取慎吾もノリにノっているそうだ 。
TBSでは、ホームページの中に、【こち亀】ドラマの専用サイトを作っているので、詳しい情報はそこでゲット出来ると思う。
テレビで、もうすぐ新しい【こち亀】の両さんに会えるので、是非ご覧いただきたいし、個人的にも楽しみである。
暑い中、過酷な撮影になると思うが、【こち亀】実写ドラマのスタッフにも頑張って頂きたい。
いよいよスタートする【こち亀】の連続ドラマは、大注目だ。

こち亀のアニメと実写の違い

【こち亀】が、TBS系で実写ドラマ化されることが決まった。
漫画やアニメではお馴染みの【こち亀】であるが、実写の連続ドラマは成立するのだろうか。
主人公である「両津勘吉」は、SMAPの香取慎吾が演じるそうだが、【こち亀】の世界観をどこまで表現できるかに期待が掛かる。
アニメと実写の違いは当然あるだろうが、【こち亀】の魅力を損なうことなく、思い切って制作していただきたいと言うのが、ファンの望みであろう。
同僚の秋本カトリーヌ麗子役の「香里奈」と、中川圭一役の「速水もこみち」は、美男美女コンビで順当であろう。
原作の【こち亀】では、両さんと一番関わる、大原部長に「伊武雅刀」、両さんの父親の両津銀次に 「ラサール石井」と絶妙の配役だ。
この【こち亀】の連続ドラマには、その他に、なぎら健壱、つまみ枝豆、柴田理恵といった一癖もふた癖もある役者が脇を固めている。
いよいよスタートの、【こち亀】の連続ドラマは話題が豊富なのである。

【こち亀】の原作やアニメに親しんできた世代は、今回の連続ドラマをどう思っているだろう。
【こち亀】の昔からのファンにとっては、漫画やアニメの印象が強いだけに、実写の連続ドラマは違和感があるかも知れない。
連載30周年を超え、連載通算1500回を突破し、ギネスの「少年誌 最長連載記録」を更新中の【こち亀】だけに、原作の印象は定着してしまっているのであろう。
漫画からアニメへ、そして今回の【こち亀】実写ドラマと、多方面のメディアを超越しているが、これこそ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の魅力なのかも知れない。
【こち亀】実写ドラマの詳しい情報を知りたい方は、TBSのホームページで、公式サイトも開設されているようなので見ていただきたい。
アニメや漫画では、何でも「あり」の【こち亀】ワールドを、是非、実写ドラマでも再現していただきたいものだ。
実写ドラマとアニメは、根本的に別物ではあるが、【こち亀】の「ドタバタ感」や「下町の雰囲気」を出して欲しい。

テレビドラマでは、何よりキャスティングが重要だが、【こち亀】の実写ドラマ化にあたり、スタッフがもっとも悩んだのもキャスティングだったろうと思う。
香取慎吾が「両津勘吉」役であると聞いたときは、正直驚いたが、実写版【こち亀】のターゲットを若年層に向けたのだろう。

こち亀の連続ドラマ

【こち亀】の「両さん」が、久しぶりにテレビに帰ってくる。
【こち亀】の実写ドラマ化は過去にも例があるが、以外にも連続ドラマは今回が初めてなのだそうだ。
SMAPの香取慎吾が、【こち亀】の主人公である「両津勘吉」を演じるそうだが、随分と若くて足の長い両さんではある。
しかし、SMAPの香取慎吾には、【こち亀】の新しい「両津勘吉像」を作り上げて欲しいものだ。
レギュラー陣だが、同僚の秋本カトリーヌ麗子に「香里奈 」、中川圭一 に「速水もこみち 」、大原部長に「伊武雅刀」、両津銀次に 「ラサール石井 」、という布陣で豪華絢爛である。
他に、なぎら健壱、つまみ枝豆、柴田理恵らが、【こち亀】連続ドラマに出演する予定で、ゲストでは、劇団ひとり、ベッキーも出演するそうだ。
スペシャルゲストとして、「ビートたけし」も登場するそうなので、テレビ局が、この【こち亀】の連続ドラマに賭ける意気込みが伺える。
【こち亀】の連続ドラマは、色々な方面で注目されている。

【こち亀】を愛読していた人は、今回の連続ドラマも興味があるだろうから、TBSのホームページをチェックしていただきたい。
TBSのホームページでは、【こち亀】連続ドラマの公式サイトも開設されているので、内容の詳しい情報を知りたい方は、閲覧していただければ良いだろう。
各種掲示板などでも、【こち亀】の連続ドラマの情報は載っているようなので、参考にされたい。
ドラマをより楽しむ為に、【こち亀】の「おさらい」もしておいた方が良いかもしれない。
しかし、膨大な【こち亀】の歴史は一筋縄ではなく、なにせ30年以上の連載期間があり、コミックスは160巻を超える。
これほどの長い歴史のある【こち亀】なので、登場キャラクターの総数も相当なものだろう。
【こち亀】の登場キャラクターで、最低限、押さえておきたいのは大原部長と同僚の中川圭一、秋本カトリーヌ麗子であろう。

【こち亀】ファミリーとでも言うべき、大原部長と同僚の中川圭一、秋本カトリーヌ麗子の3名はどうしても外せないキャラクターで、連続ドラマでも両津のそばで活躍するだろう。
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、【こち亀】の愛称で親しまれている通り、東京都葛飾区亀有にある、架空の交番が舞台であるから、仕事仲間の3人は最重要人物と言える。

こち亀の下町情緒と最新テクノロジー

【こち亀】の魅力は沢山あるが、下町情緒と最新テクノロジーの混在が挙がると思う。
東京都の葛飾区亀有にある、架空の交番が舞台の原作【こち亀】は、下町情緒の描写は緻密であり、繊細だ。
主人公の両津勘吉も、そんな下町で育ったガキ大将なのだが、【こち亀】ではそんな両さんが、最新テクノロジーにも造詣が深いことが、随所に描かれている。
【こち亀】の魅力の一つにもなっている、車、ゲーム、おもちゃなどの最新テクノロジーを盛り込んで、門外漢にも解りやすく説明されている。
主人公の両さんが、車、ゲーム、おもちゃなどの最新テクノロジーを、いとも簡単に使いこなしているのが【こち亀】の魅力の一つとなっている。
連続ドラマ化が決定したらしいが、実写の【こち亀】でも、両さんの「オタク」振りは再現して欲しいものである。
一見、対極にある下町情緒と最新テクノロジーの共生が、【こち亀】のメッセージにもなっている。

【こち亀】のモデルの地である葛飾区亀有は、東京でありながら、下町情緒溢れる場所だ。
神社の境内、昔からの商店街、川に架かる橋、お祭りの露天商など、【こち亀】の秋本治氏に描かれた下町は、魅力に溢れている。
【こち亀】は、下町の江戸っ子である両さんの、日常を描いているとも言えるのだ。

【こち亀】の連続ドラマでも、ハイテクに振り回される両さん見たいし、ガキ大将時代の昔話も描いていってもらいたい。
下町情緒と最新テクノロジーは、相反するようで実は、相性が良いかもしれないと言うことを、【こち亀】は示しているようだ。
両さんの、ハイテク事業で今日は億万長者、明日は一文無しという生き方は、真似できない分だけ、憧れの的であり、また【こち亀】の存在意義なのかもしれない。
【こち亀】の連続ドラマがいよいよスタートするが、両さん役の香取慎吾には、下町の江戸っ子とギャンブラーが共存した感じを、演じてもらいたい。
コミックスの売り上げ、累計1億5000万部以上のモンスター漫画【こち亀】を、実写ドラマでどう表現するのか楽しみだ。
【こち亀】の情緒とドタバタ、下町とハイテクのミスマッチが、実写ドラマでどんな風に表現出来るかが、ポイントだろう。
どこを切り取っても面白い【こち亀】は、メディアを選ばない懐の深さがある。

こち亀の両さん

【こち亀】の魅力の一つは、下町情緒とオタク文化の融合なのかも知れない。
下町情緒の描写にかけては、緻密であり、繊細な【こち亀】は、東京都の葛飾区亀有にある、架空の交番が舞台である。
【こち亀】では、両さんがオタク文化にも造詣が深く、ストーリーの中でも、たびたび描かれている。
ジャンルは多岐に渡り、おもちゃ、車、ゲーム、などのオタク文化を盛り込んでいるので、【こち亀】は飽きないのかも知れない。
主人公の両さんが、いとも簡単に、ゲーム、車、おもちゃなどのオタク文化を使いこなしているのが、【こち亀】の魅力の一つとなっている。
今回始まる、実写の連続ドラマ【こち亀】でも、両さんの「オタク」振りは再現して欲しいし、楽しみにしている。
一見、下町情緒とオタク文化は、相容れないように見えるが、【こち亀】では見事に融合している。

そんな下町で、主人公の両さんが子供達のラジコンの修理や、最新ゲームを攻略して人気者だ。
両さんのオタクぶりは、【こち亀】の売り物で、たびたび読者を楽しませてくれている。
【こち亀】は、下町の江戸っ子である両さんの、手を替え品を替えの悪戦苦闘が面白い。

【こち亀】の連続ドラマでも、ガキ大将時代の昔話や、名所旧跡の話も入れて欲しいが、両さんのドタバタ悪戦苦闘がメインになるだろう。
下町情緒とオタク文化は、両さんによって苦もなく融合されて、【こち亀】ワールドを形成しているのだ。
ある意味、両さんの生き方は、真似できない憧れの的であり、また【こち亀】の強烈なキャラクター同士のやりとりは、普遍的な面白さがある。
【こち亀】の連続ドラマでも、香取慎吾には、ガキ大将とオタク文化を網羅した【こち亀】ワールドを、演じ分けて欲しいものだ。
実写ドラマで、【こち亀】をどう表現するのかが問題で、ドタバタと言っても、CG(コンピューター・グラフィック)は多用して欲しくない。
下町情緒とオタク文化を盛り込んでいる【こち亀】は、これからも魅力を増していくであろう。
【こち亀】の実写ドラマの成功を祈る。

こち亀

【こち亀】とは、言わずと知れた「週刊少年ジャンプ」に連載中の、「超」長寿漫画である。
【こち亀】の愛称で親しまれているが、正式名称は、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で、東京都葛飾区亀有にある、架空の交番が舞台になっている。
今回その【こち亀】が、実写ドラマ化されることが決まり、オンエアーも間近に迫っていると聞いた。
主人公の両津勘吉役には、SMAPの香取慎吾が抜擢され、新しい「両さん」として期待されているが、【こち亀】の原作者である秋本治氏も、「慎吾両さん」に太鼓判を押しているようだ。
これまでに、何回か単発ドラマ化やアニメ化されている【こち亀】だが、連続ドラマ化はこれが初めてらしいので、ファンにとっては期待が高まるだろう。
原作の【こち亀】は、連載30周年を超え、連載通算1500回を突破し、現在もギネスの「少年誌 最長連載記録」を更新中である。
コミックスの売り上げは、なんと累計1億5000万部以上の、まさに漫画界のモンスターが【こち亀】なのだ。

【こち亀】を私も中学生の頃愛読していたが、こちらが立派な中年になった今でも、連載中なのだから驚きである。
【こち亀】の、ドラマ公式サイトも開設されているようなので、出演者や内容の詳しい情報を知りたい方は、閲覧していただきたい。
掲示板などでも、「【こち亀】のドラマ」で検索していただければ、出てくると思うのでチェックしてみては如何であろう。
【こち亀】のドラマが始まる前に、口コミ情報などを見ておくと、豆知識やゲストの情報などが載っているので、ドラマをより楽しめる事請け合いだ。
しかし、【こち亀】の両津勘吉を、SMAPの香取慎吾が演じる時代になるとは、夢にも思わなかった。
随分と足の長い両さんになるだろうが、西遊記での香取慎吾の演技を見ているので、【こち亀】の両さんもこなせるかも知れない。
【こち亀】の両さんのイメージは、バイタリティに溢れ、ガキ大将がそのまま大人になったような人だが、香取慎吾が西遊記で見せた演技を参考にすれば、あながちミスキャストでもないだろう。

【こち亀】の「両さん」というと、どうしてもアニメの影響で、ラサール石井を想像してしまうが、そのラサール石井も今回のドラマに出演するようだ。
【こち亀】を、実写ドラマ化する際に懸念されるのが、あのハチャメチャ感を如何に出せるかだろう。
SMAPの香取慎吾は、バイタリティに溢れ、ガキ大将的な要素は持っているので、【こち亀】の両さんも演じられると思う。
タグ:こち亀
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。