マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

アイドルポイント最新事情

アイドル・有名人・芸能を通して現代を読み解くブログです。

斎藤佑樹と田中将大

【斎藤佑樹】といえば「佑ちゃん」というニックネームが広まっていますが、このニックネームを命名したのはライバル田中将大です。
この【斎藤佑樹】と田中将大といえば甲子園の決勝で壮絶な歴史に残る投手戦を繰り広げたことがまだ記憶には新しいですよね。
この試合の後、お互いを生涯にわたるライバルと認めながらも、【斎藤佑樹】と田中将大の間には友情が生まれたことも有名です。
お互いメールを送り合う友達でありながら、【斎藤佑樹】と田中将大はやはり中にはライバルであることをいつも意識しているようです。
田中将大を「マー君」と親しく読んでいながらも、やはり苦闘が続いているにせよ、着実にキャリアを積んでいるライバルに【斎藤佑樹】は焦りもあるようです。
だからといっても決して【斎藤佑樹】は現在の自分ではライバルの田中将大のように堂々とキャリアも積んでいるプロ野球選手と渡り合えるかを自問自答しているようです。
田中将大に今や野球人生の中ではちょっと水をあけられた形に今はなっていますが、今度はプロ同士としてまたライバルとして向かい合いたいであろう【斎藤佑樹】なのです。

【斎藤佑樹】自身、高校時代にすでに肉体がプロで通用するように出来あがっていた田中将大と自分の違いをよくわかっていたのではないでしょうか。
そこで迷いもなく田中将大がプロ野球球団入りを決めたのに対して、【斎藤佑樹】は早稲田大学への進学を決めたようです。
プロになってからも【斎藤佑樹】と田中将が宿命のライバルとしての対決を期待していた人々にとっては、いくらか残念だったようです。
しかしながらそろそろ時が熟してきてはいるのですが、当人である【斎藤佑樹】が本当に早稲田大学卒業後プロ野球球団入りするかはまだ謎なのです。
やはり自分が尊敬出来て、しかも決して負けたくはないとしている田中将大と正々堂々と向かい合いたいのが【斎藤佑樹】の本音ではないでしょうか。
そこでプロ野球球団入りしたのであれば、すぐにでも戦力となって、【斎藤佑樹】は田中将大と戦いたいと考えていることでしょう。
【斎藤佑樹】についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、【斎藤佑樹】と田中将大についても詳しく調べてみましょう。
お互いに譲ることがない関係でありながら、お互いを尊敬し合っているという関係がプロでも続くかも期待したいのが【斎藤佑樹】なのです。

【斎藤佑樹】がおそらく一番恐れているのは、早稲田大学を卒業してから、プロ野球球団に入団してからもきちんと成績を残せるかではないでしょうか。
今まで着実に野球人生の中でキャリアを積んできているからこそ、プロでは通用しなかったということにはしたくないであろう【斎藤佑樹】が慎重なのも当たり前でしょう。
おまけにプロ野球界には一足早く、おそらく生涯のライバルになるであろう田中将大がいるわけですから、【斎藤佑樹】は負けるわけにはいかないのです。
そこで自分がドラフトから簡単にプロには行けることを知っていても、その後を考えているのが【斎藤佑樹】の悩みではないでしょうか。
田中将大という逸材ですら苦闘しているプロ野球の世界に対して、同じマウンドに上がるのであれば決して引けを取りたくないのが【斎藤佑樹】なのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。